スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスの豆知識

今日は結婚式のお衣裳の豆知識(ウンチク?)をご紹介します

記念すべき第一回目はウェディングドレスについてです

ウェディングドレスの起源は古代ローマの時代までさかのぼります。

その頃のドレスは裾が長くゆったりとしたチュニックのような形をしており、
サフランで染められたものだったそうです。

ウェディングドレスは黄色が当たり前だったようです。
とてもおしゃれですね

ウェディングドレスを現在のような白に定着させたのが、イギリスの有名なビクトリア女王だそうです。

彼女のドレス姿は、シルクサテンとレースをあしらった純潔を表している白いドレスと
レースのベールを身にまとって、

頭には輝く王冠ではなく、白いオレンジの花飾りでした。
オレンジの花は繁栄と多産のシンボルでもあるそうです。
ちなみに花言葉は「花嫁の喜び」

王族の結婚というと政略結婚というイメージが強いですが、
彼女はアルバートというドイツ人の従兄弟と恋愛結婚をしました。

プロポーズは何と女王からしたそうです!
(女王にはプロポーズしてはいけなかったからだそうです)

とても夫婦仲が良く、彼女のドレス姿は多くの女性の憧れとなり、
現在の白いウェディングドレスに定着したそうです。

とても幸せな結婚をしたロイヤルカップルだからこそなんでしょうね

とはいえ現在のウェディングドレスは白だけに留まらず
白を基調としたドレスに淡い色が入ったニュアンスカラーのドレスが注目されています。

新作PI 5


花嫁の純潔を表す白に
幸せな気持ちを表すように、ほんのりピンクなどに色づいたドレスや
シャンパンゴールドで映画のワンシーンのようなドレスを
お洒落に着こなすのも素敵ではないでしょうか

昔も今もウェディングドレスは花嫁の象徴であり、
幼いころからのあこがれです。


ビクトリア女王のように憧れられる花嫁へ
お手伝いさせて頂きます^^


みなさまのお越しを心よりお待ちしております!!
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/1043-55b737c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。