スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベールのお話

こんにちは

本日はベールについてのお話です。



ベールといえば花嫁の象徴!という感じですよね。

ドレスを着て、更にベールをお付けすると
皆様「あぁ花嫁さんだぁ…」と実感し、感動してくださいます。

ベール7

ベールはチュールなどの透け感あるお素材で作られております。
透明感ある布に包まれて、バージンロードを歩んでいく花嫁様の姿は、
とても美しく印象的です。


ベールは元々清浄のシンボルで悪霊から花嫁を守るためにつけ始めたそうで、

ベールを下ろすとご新婦様は0歳に戻るといわれています。

人生に例えたバージンロードを、
ご家族や、ご友人や、御親戚や、御家族に出会い見守られながら、
やっとご新郎様の元へたどり着き、

そして夫婦になるため向かい合った二人の最後の壁が、
1枚のベール…なのだそうです。


ベール一つでも調べてみると奥が深いですね


そんなベールもいろいろな種類があるんですよ^^

長さも短いものから長いものまで、

シンプルから華やかなものまで、

ベール6


そして最近人気のマリアベールという、聖母マリアのような顔を隠さず、
横顔にベールの端がくるデザインも人気です。

ベールは長さや、つけ方でも印象が変わってきます。

ドレスのラインや印象、
何より会場に映えるもので選ぶといいですよね

当式場ではやはり、ロングベールが人気なんです。

「一目ぼれしたあのチャペルで
 ロングベールをつけて歩くのが憧れだったから!」


だそうです^^

嬉しいです♪

200909300236317e9.jpg



ぜひドレスとも、あのチャペルにも映えるベールを合せてお選びください
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/1064-9d4ecd0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。