スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のあこがれ☆*°



6月に入るとブライダル業界では
『ジューンブライド(June bride)』
という言葉をよく耳にします。

皆様も一度はお聞きになったことがあるのではないでしょうか??

何それ!!?
はじめて聞いた!!

という方も、聞いたことはあるけど内容はよく知らないという方のために
ジューンブライドについてのプチ豆知識をご紹介したいと思います★


ジューンブライド(June bride)を直訳すると”6月の花嫁””6月の結婚”となります。
欧米では古くから「6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができる」
という言い伝えがあります。

皆様ご存知でしたか??

ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)という
女神が由来とされています。
ヘラは最高位の女神で、結婚・出産を司り、家庭・女性・子どもの守護神と云われており、
ヘラが守護している月が6月のため、英語で6月がJuneとなったといいます。
また、ヘラを祭る祭礼が6月1日に催されていたことから、
結婚式を6月に挙げた女神ヘラの加護を受けて生涯幸せになれると云われる習慣ができたとされています。


私も将来自分の結婚式は6月に挙げたいな♪と考えている
夢見る女性の一人です♡(笑)


でも日本の6月はちょうど梅雨の時期に入るので
当日の空模様をご心配なさるお客様も少なくないかと思います。


今回は6月この時期を利用した
ご披露宴の演出を盛り上げる素敵なアイデアをご紹介したいと思います☆★☆


披露宴のコンセプトは
『大粒の幸せがお二人やゲストの皆様へ降り注ぎますように』と願いを込めて★*°


たとえば手作りのウエルカムボードを作る方は
このようなデザイン画を背景にして、お二人の挙式日とお名前をいれて
ゲストの皆様をお迎えしてはいかがでしょうか??

ウエルカムボード背景画像



また普段はA・B・C・D・・・
と記号で表している各テーブルの番号も
下の写真のようなさまざまな生地やお色味で作った
テルテル坊主の卓記号もとてもかわいらしいと思います♪

てるてる坊主写真



和柄模様の折り紙で作った傘を
折り紙傘写真

各テーブルに配置するゲストの皆様のお名前を書いたお席札にしてみたり、
これを各テーブルの卓記号として使用するのも素敵だと思います。


また各テーブルや会場内の飾り棚、ウエルカムボードの横などに
このような折り紙で作ったトトロを置くのも可愛くないですか♡♡

トトロ傘写真



披露宴のおひらき後に、お二人からゲストの皆様に感謝を込めて
お渡しする送賓グッズ・プチギフトにはコンペイトウがたくさん詰まった紫陽花はいかがでしょうか??

紫陽花コンペイトウ


このコンペイトウの紫陽花は、湘南に位置するザ・ホテル・オブ・ラファエロ迎賓館のすぐ近く
鎌倉で有名なお土産品となっています。鎌倉は紫陽花の名所としてもよく知られています。


このように雨の時期をより一層楽しめるご披露宴はいかがでしょうか??


皆様に大粒の幸せが降り注ぐことを心から願っています♡*°
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/1228-810517e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。