スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の結婚式で大切なこと

こんにちは

九州では早くも梅雨明けが発表され、各地で最高気温が確認されていますね

熱中症の報道も多いですが、皆様体調は崩されていないでしょうか

世の中では節電節電と言われていますが、

夏に向けて、無理のないようにお過ごし下さい

さて今日は、7・8月に結婚式を挙げようと考えているお客様からよくご質問いただく

「夏の結婚式ってゲストからするとやっぱり迷惑ですか?」
ということについて考えてみようと思います


夏休みだから旅行に行く人もいるかもしれない…
暑いから行きたくないと思われてしまうかもしれない…
お盆もあるしあまりよく思われないかも…

と、たしかに夏は不安な要素がたくさん

しかし!

ちょっとした心遣い で、ゲストの方も気持ち良く参加してくれるようになるはずです

まずはやはり会場選び
ガーデンウェディング海の見えるチャペルでの挙式は、
晴れているととても素敵ですよね

でもゲストからは…
日差しが強く、新郎新婦にカメラを向けても逆光になってしまって上手に撮れない
海風で、せっかくセットした髪も乱れてしまう
といった意見を耳にします

景色は綺麗ですが、ゲストのことを考えると
お外での挙式やガラス張りのチャペルは避けた方が良いかもしれません

そして会場がある場所にも注目しましょう
暑い中会場に向かう事を考えると、やはり駅から近い方がゲスト思いだと思います

駅からバスが出ている会場もありますが、バスを待つ時間も暑い…
1メーターだしと思ってタクシーに乗ってしまう方も、実際多いんです

ラファエロは駅から5分 くらいで歩いてこられますので、
夏も冬もゲストの方には喜んで頂いております

あとは、ウェルカムドリンクを用意して暑さを冷ましていただいたり、
冷房がきいた披露宴会場ではストールをご用意したり。

結婚式では、 来て下さるゲストへの配慮と心がけ がとても大切になってきます。

セント・ラファエロ大聖堂では、ドレス・お花・進行など

内容を決めるだけではなく、

「どうしたらゲストの方にも楽しんでいただけるか」

まで一緒に考えていきます!

そして夏と言えばひまわりですよね!

ひまわりをテーマに会場をコーディネートすると、
会場がパっと明るくなります

例えば、ひまわりを使ったブーケ。
ひまわりブーケ


そして、メインテーブルとゲストテーブル。
ひまわりメイン

ひまわり各卓


ひまわりはひまわりでも、小さいもの・大きいもの・
種の部分までオレンジのもの等たくさん種類があるんです

セント・ラファエロ大聖堂ではフラワーコーディネーターと
1本単位でお打合せしていきますので
お2人らしいコーディネートが見つかります

ゲストもお2人も楽しめる、HAPPYな結婚式を一緒に作り上げましょう
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/1237-f4529cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。