スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムスリップ♪タマエル父母の結婚式

皆様、こんにちは♪タマエルです。
本日もタマエルのブログをチェックして下さってありがとうございます(^^)

昨日はタマエルの故郷…山梨についてご紹介しましたが
今回の山梨の帰省で父母の結婚式についてもインタビューをして参りました♪
以前はタマエルの祖父母の結婚式エピソードでしたが今回は父母バージョンです☆

女の子にとって結婚式の話をするのってとっても楽しいですよね♪
友達同士でも盛り上がったり、先輩の話を聞いて勉強したり…、
タマエルも結婚式前に色んな方の結婚式のエピソードを聞いてとても楽しかったのを思い出します☆
結婚式の前にはずいぶんたくさんの先輩カップルに会って、ふたりのエピソードを聞かせてもらいながらお茶会をしました(^^)♪

父母の結婚式はもう30年以上も前の話になってしまいますが、
それでもどんなドレスを着たのか…や、どんな披露宴になったのか…そういう話をするのってすごく楽しいです。

小さい時から何度か父と母の結婚式の話は聞いていました。
タマエルは、
「お友達にもたくさん手伝ってもらってすごくいい結婚式だったんだな~。ちょっと今の結婚式にも近くなりつつあるのかな?」
と思いました☆

タマエルがすごく可愛いなと思ったアイテムはこちら♪
一冊だけ記念に残っていたのですが

NEC_0723.jpg


ふたりの結婚式でゲストに配ったプロフィールブック☆
こちらは、ふたりの友人が手書きで書いたものだそうです♪
絵もとっても上手で、字も全て手書き!!

ふたりの出会いから、今日に至るまで
ふたりからたくさんのエピソードを聞いて作られたこのプロフィールブックは、
当時の父と母を知らないタマエルが読んでも笑えるとっても面白いものでした♪

タマエルもよく父に聞かされていたエピソードが書かれているページがこちらで…

NEC_0730.jpg


父が初めて母の新潟の実家に挨拶に行った時の絵です!
父が母の実家に挨拶に行ったのは、父がまだ学生だった頃。
真剣に交際している事を伝えに新潟に行くと、母の父親(タマエルの祖父)がすごい剣幕で怒ったそうです。
父が買ってきた手土産について
「親に仕送りをしてもらっているお金で、こんな手土産を買ってくるなんて…けしからん!!!」 …と(笑)
父は今でも「あのお土産は一生懸命自分でバイトをして貯めたお金で買っていったものなのに…(>_<)」と言っていますが(^^)

しかしその後、祖父は父とゆっくり話をして大変気に入ったらしく、夜には一緒にお酒を飲みに居酒屋に連れて行ってベロンベロンになるまで酔っぱらったそうです。

だから、タマエルが初めて彼を山梨の実家に連れて行った時も
「自分が怒鳴られたようにタマエルの彼の事を怒鳴ってやる!!」と脅されて育ちましたが、
実際に初めて彼を連れて行った時には父はとても穏やかでした(笑)

最近では、ペーパーアイテムをパソコンで綺麗に作る事も出来ますが、
こんな風に面白いイラストなども入れた手書きのプロフィールブックも心がこもっていてとても素敵だと思います。
すごく温かくていいなと思えるアイテムでした☆

NEC_0731.jpg


父と母は神前式をしました。
母は角隠しをしたかったとのことで、白無垢を着て、
その後披露宴で赤の色打ち掛けにかつら、
そして3着目にウェディングドレスを着たそうです☆

NEC_0736.jpg


母の話によると、この頃は衣裳の数も少なく、
色打ち掛けは何色がいいか質問され色しか選べないようなものだったと言っていました。
それを聞いて、タマエルの衣裳の打ち合わせについて来て、
母がなぜタマエル以上に盛り上がっていたのかよく分かりました。
父や母の結婚式ではお花も当然種類が決まっていたので、タマエルのお花の打ち合わせの話を聞いて母はとてもびっくりしていました。

タマエル父と母は、学生時代東京で知り合い、ひとつ年上の母は就職で新潟に戻った為遠距離恋愛の期間がとても長くありました。会うのも一苦労だったようです。
そんな父母が全て自分達のお金で結婚式をしたので無理のないように、ペーパーアイテムや司会、カメラマンなどたくさんのお友達がお手伝いをしてくれたそうです。
しかし、母がひとつだけ今でも後悔しているのが色打ち掛けの時の髪飾りだそうで…
節約の為に、少し飾りの少ない髪飾りにしたのですが、
もっと派手なものにすればよかったな…と今でも後悔するとのこと!
タマエル母からのアドバイスは
「花嫁さんは、一生に一度の結婚式だから後悔のないように…我慢しないで下さいね。でも…今の結婚式は、ふたりらしくアレンジできるからとっても素敵ですね!その魅力を充分に味わって下さい(^^)」
とのことです。
…まるで式場のスタッフのようなコメントですが(笑)

今、ご結婚式の準備真っただ中のご新郎様ご新婦様、是非後悔のないように何でも私達にお申し付け下さいね☆
おふたりのご結婚式が何年後に振り返っても最高だったと思える1日になるように精一杯お手伝いさせていただきます!
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/1287-bcbb21ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。