スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジューン・ブライド

6月に入り最近ジューンブライドという言葉を
よく耳にするようになりました!

ジューンブライドという言葉は誰もがご存じだと思いますが
意味をご存じの方は少ないのでは。。。
実際にお客様からもジューンブライドブライドって何ですか?
とご質問を頂くこともあります。

そこで今日はジューンブライドについてご紹介したいと思います。


ジューンブライドを直訳すると、「6月の花嫁」となります。

6月に結婚すると幸せになれると言われおり、
これはヨーロッパが始まりです。



いくつか説はありますが、代表的なものは3つです。

 
 1.June(6月)という月名が、ローマ神話の結婚を司る女神
   ‐“Juno”(ジューノもしくはジュノーなど色々)からきているため、
   婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、きっと
   花嫁は幸せになれるだろうという説。

 2.その昔ヨーロッパでは、3・4・5月の3ヵ月間は結婚することが禁止され
   ていて、6月に入ると結婚が解禁となり、一斉に結婚するカップルが増え
   て、周りの人達からの祝福も多い月だったからという説。

 3.ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく、良いお天気が続くので
   季節的な環境がベストであったからということと、復活祭も行われる
   時期であったので、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れていて、
   6月に結婚すれば花嫁は幸せになれるだろうという説。

私も意味を知ってはいましたが、改めて調べてみると
なるほど。。。思うものばかりでした^^


皆様も結婚式のお日にちを決める際に
是非参考にしてみてくださいね☆


この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/187-091891bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。