スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動した披露宴

皆さま、こんにちは。
本日は私が感動した披露宴について綴ってみたいと思います。

かなり前になりますが、私がまだ会場内のサービスマンをしていた時のことです。

そのご披露宴は、当教会の地下の会場『ラ・バリック』で行われました。

お客様の人数が50名のご披露宴で、
この内、耳が不自由なお客様が、ご新郎ご新婦様を含み48名という披露宴でした。

会場のBGMも司会者のコメントもなく、ほぼ無音のご披露宴でした。
私は、お客様に少しでも料理やドリンクを説明したくて紙にメニュー名など書き込み
お客様とコミュニケーションをとることだけで精一杯でした。

ふと、会場内を見渡すと・・・
手話で皆様は会話をしていました。
手話で行われる余興。手話で行われる進行。手話で行われる拍手・・・

全てのお客様の表情はとてもイキイキしており、とても幸せそうでした。
そして、それを見た私もとても感動しました。

披露宴というものは、ご新郎新婦とお2人を祝福してくれる列席者様が居れば、
音がなくてもとても感動的に行われることが出来るのだ!
と、改めて考えさせられたのを覚えています。

また、先程無音の披露宴だったとお伝えしましたが、
たった1つ感動的な音が聞こえてきたのも覚えています。

それは・・・ 
お客様が感動のあまり涙を流してすすり泣く声でした。

私にとって忘れられないご披露宴の1つになりました。

皆様のご披露宴も感動的なご披露宴になると思います!
是非、私たちスタッフにとっても忘れられない感動するご披露宴にして下さいね!

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/367-75c01ea8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。