スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛とは・・・

こんにちは!コーディネーターのYです☆

本日は雨が降っていて、外は更に寒くなっていますね。
私の実家の長野県では、既に雪がちらついているようです*

さて、本日はセントラファエロ大聖堂の挙式のなかで
牧師さんから読まれる聖書の一部をご紹介したいと思います♪
チャペル・ブログ
愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、
怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、
すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません。


・・・・・・・・・・
このような言葉を、挙式のなかで牧師さんがお二人に説きます。
私たちスタッフはこの言葉を幾度となく耳にし、聞き慣れてしまったのですが
ある時ふとこの言葉を聞いたとき、また思い出したとき
改めて感じることや、反省すること、心が洗われるような気持になることもあります。
皆様はいかがでしょうか?

両親や兄弟への愛、友達への愛、夫婦や恋人への愛、
会社の上司や先輩、同期、後輩への愛・・・・
色々な愛があると思いますが、この言葉は全ての愛に共通して言えることだと私は思います。
毎日の生活で人と接していく限り、こういった「愛」はどんな時も必要ですよね。
日々の仕事の中で、忙しさに追われることもありますが
私はそんなとき、この聖書の言葉を思い出すようにしています。

忙しい時、辛いとき、人は周りが見えなくなり、「自分ばっかり・・・」と
つい、ものの見方・考え方が内向的に偏りがちになります。
そんな時は皆様も、この聖書の言葉を思い出してみてくださいね^^

また、この言葉を思い出すときは、うまくいかないときだけではありません。
「愛は自慢せず、高慢にならない・・・」
自分の調子が良い時にも、心にかみしめる必要があるのではないでしょうか。

人生は良いことばかりではありませんが、悪いことばかりでもありません。
「神様は皆に平等に幸せをもたらして下さいます」というお言葉を
私はお客様から頂いたことがあります。

良い時には傲慢にならず謙虚に、そして悪い時にはねたまず寛容に・・・
きっと何かが見えてくるのではないかと思い、この言葉を思い出し、心がけています。


牧師さんは挙式のなかで、こんなにも素敵な、そして大切なことを説いているのですよね!
模擬挙式の中でも聞くことができますので
ブライダルフェアへ参加される際は、牧師さんの言葉に是非耳を傾けてみてくださいね^^



最後に・・・・
私の尊敬する上司のデスクには、こんな絵葉書が飾ってあります^^
↓とっても素敵ですよね☆★(Sさん、勝手に載せてすみません!)
ぶろぐ

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/375-1dfd1619
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。