スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のカタチ

皆様こんにちは。

本日は指輪についてお話させていただきます!

ご結婚式が控えた皆様は、
結婚指輪をご用意されましたか??

結婚指輪ってどうして左の薬指にするんだろうと疑問に思われた事はございませんか??

よく言われるのは、
古代ギリシャの時代に、左手の薬指の血管は
心臓にまっすぐ繋がっている特別な指と考えられていたからだとか

両手を合わせて指先だけをくっつけて、それを親指から離してみた時に
薬指だけが離れないので、永遠にふたりが離れないようにという願いを込めてだとか…

そのような由来を聞いたことがあります。

指輪を交換するのは、
まん丸で終わりがない環のようにふたりの愛に終わりがないようにという
願いが込められているそうですね。

ロマンチックですね♪

本来は、結婚している女性は、婚約指輪と結婚指輪を両方はめる事で
既婚者だということを表すとも聞いたことがあります。

私は、とっても手が小さくて指も短いので指輪は全く似合わないのですが(笑)
結婚して夫婦そろって指輪をするのは
とても素敵な事なんだな~と思います!

挙式での指輪交換のシーンは、
やはりとても美しいですよね♪

皆様はどんな指輪がご希望ですか??
ショップも沢山ありますし、色々なタイプのデザインがあって選ぶのも大変ですよね。

でもおふたりの愛をカタチにするものだと思うと
選ぶのもとっても楽しいですよね。

どんな指輪を選ばれたのか
よろしければ見せて下さいね☆
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/561-aae60479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。