スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従兄弟の結婚式

こんにちは☆

今日は久し振りぶりに晴れて、気持ちがいいですね。

今日は私の従兄弟の話をしたいと思います。
私の従兄弟はもうじき30歳になるのですが、先日めでたく結婚しました。

小さい頃から兄弟のように仲がよく、
一緒に色々なところにお出かけをしたり、
夜な夜な語りあったり、時には喧嘩をして泣かされたり・・・・
振り返ると従兄弟と私の間には沢山の思い出があります。

ちなみに、小さい頃の私の夢は従兄弟と結婚することでした♪

そんな従兄弟も結婚することになり、私としては、淋しいような嬉しいような複雑な気持ちでした。
従兄弟の結婚式の前日には小さい頃のアルバムを開き、一人しんみりとしてしまいました・・・

そして結婚式当日。
(私は残念ながら出席できなかったのでここからは母の話をもとに書かせて頂きます)
従兄弟の結婚式を私以上に楽しみのしていたのはおそらく祖母でした。
親族控え室で挙式が始まるのを待っている時も、
祖母は「結婚式に出席できて嬉しい!」と何度も何度も涙ながらに口にしていたそうです。
以前から祖母は、「○○君が結婚するまでお祖母ちゃんは死んでも死にきれない!」
と口癖のように言っていたので本当に嬉しかったのだと思います。

従兄弟の結婚式で私が一番印象に残っていることはというと、
従兄弟が彼女に歌を送ったことでした。
昔から歌うことが好きな従兄弟は、結婚式で彼女に歌で気持ちを伝えようと
一年前から作詞作曲をし、当日まで準備をしていたそうです。
もちろん歌のプレゼントがあることは当日まで彼女には秘密です♪
彼女もまさかのプレゼントにびっくりし、
歌が終わった頃には涙が止まらない様子だったそうです。
それを見て、ゲストの方々も涙。
感動の披露宴になったそうです。

そんな従兄弟に私は祝電を送りました。
思うことや伝えたいことは沢山あってもうまく言葉にならず、
文章を作っては消すを繰り返し
私なりに一生懸命おめでとうの言葉を伝えました。

今、従兄弟は二人暮らしをスタートさせ本当に幸せそうです。
結婚式っていいものだなと心の底から思える一日となりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/586-2ea8b533
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。