スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指輪☆

こんにちは!


今日は朝からスタッフ全員でガーデンのお掃除をしました。
お掃除をしていると時より秋らしい爽やかな風が吹きとっても気持ちが良かったです♪
今朝天気予報を見ていると、夕方に一雨あるかもしれないとの予報が出ていたので
皆様お気を付け下さい☆


さて今日は「マリッジリング」のお話をさせて頂きたいと思います。


結婚式の時に交換する、お二人の約束の指輪。
この薬指につける「指輪」の意味を、皆様ご存じでいらっしゃいますか?


欧米では昔、指輪が印鑑のような役割を果たしていたそうで
(貴族の家紋が指輪に彫られていて、それを印鑑のように押して使っていたそうです)
『信頼』を示す意味で交換されていたようです。


そして、指輪を薬指にはめる意味は
「薬指は最も心臓に近く、薬指に流れる血は、直接心臓につながっている」という、
古くギリシャ神話時代からの習慣らしいです。


ちなみに、古代エジプト信仰の『命にかけて神にこの愛を誓う』
という意味が今に伝えられたものとも言われているんだそうです。


また、実際には
「全ての指の中で、薬指が一番動きが少なくリングを落としてしまう可能性も低い」
という、お話もあるそうですが・・・


その他、調べてみると様々な意味があるようです♪


お二人の間での「約束」「誓い」を形にしたものが
薬指に輝くリングなんですね☆



この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/688-a71e74ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。