スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝

こんにちは!

今日はとてもお天気がよくて
気持ちのいい日ですね!

まさにご結婚式日和ですね!


私ごとではございますが、先日24歳のお誕生日を迎えました!

お誕生日の二日前から同期にお祝いしてもらったり、
前日は久し振りに会った美容師をしている友人に
髪を15センチも切ってもらったり、
当日は、大親友たちにお祝いをしてもらったりと

とても楽しくて嬉しい日を過ごさせて頂きました。

そしてお誕生日になった瞬間にはたくさんのメールを頂きました。

その中でも

11月19日 13時4分

「お誕生日おめでとう!
この時間はあなたが生まれた時間です」

と母からメールが届きました。


そのメールを読んだ時、自分の部屋で一人泣いてしまいました。

いつも心配ばかりかけ、姉のように優秀ではなかった私です。
すごい苦労をさせてばかりいました。

一人暮らしを始めてもうすぐ一年になります。
家を出ることは最初楽しみで、自分のわがままで
勝手に部屋を決め、勝手にでていきました。

けど引っ越した翌日は
寂しくて、この生活をいつまで続けたらいいのだろう?と
不安になることもありました。

寂しくなると実家に帰って母のご飯を食べ
安心感を得てまだ自分の部屋に帰る。これの繰り返しです。

母ももしかしたら寂しかったのかもしれません。
一週間実家に帰ると突然
「お母さんは今日夜勤なので家にはいません」と
まだ今日帰るね!とも言っていないのにメールがきたり(笑)
「今日の夜ごはん○○を作ろうと思ってるよ!」と
私の好きな食べ物で私を釣ろうとしたり(笑)

お互い口では絶対に言いませんがどっか寂しい気持ちを持っていたのだと思います。

私はいつも母には自分のことを話そうとはしませんでした。
例えば付き合っている彼のこと、友人のこと。

なんだか恥ずかしいのと、結構厳しい親なので
何か言われるのではないかという不安があり
言いだせませんでした。

しかし、大学4年の頃大失恋(・・・と当時は思っていて・・・。)をしたときに
母が声を掛けてくれたこと、その失恋相手に電話で説教をしてくれたこと(笑)
それをきっかけに、母との距離が一気に近くなりました。

今こうして幸せで楽しく生きていられること
は家族のおかげ。特に母のおかげだと思っています。

ご結婚式では親御様に感謝したいというお客様がとても多くいらっしゃいます。
もちろんその気持ちがわからなかったわけではありません。
でも恥しいし、絶対泣いちゃうし、私には感謝のお手紙なんて
読めない!と思っていました。
でも母からのメールを読んで思ったんです。

感謝の気持ち、言葉で伝えなきゃいけない!!

たった一言でも家族にとってはすごく暖かい言葉だし
心を込めてその一言を伝えて頂ければと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/761-7b1570e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。