スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖バレンタインデー

こんにちは!
今日はとうとうバレンタインデー当日です^^!

結婚記念日はご結婚されるお二人のための人それぞれの記念日ですが、バレンタインデーは『全世界共通のカップルたちの素敵な記念日』といったところでしょうか☆

記念日って本当に良いものですよね。
さてここで皆さんに質問ですが、この素敵な記念日バレンタインデーにどのような起源があるかご存知ですか?
記念日には、必ずその日が記念日となる理由が存在しますよね。

バレンタインデーの起源は、実は2つ説があるそうです。

Ⅰ.
3世紀頃のローマ。当時の皇帝は、兵士が家庭を持つことによって、 軍隊の質や志気が落ちるということで、兵士の結婚を禁止していましたが、その時にいたキリスト教の司祭・聖バレンタイン司教が、「結婚は自由なもの。禁止してはいけない!」ということで、 結婚を望んでいる兵士たちの結婚を、 内緒で挙げていたのです。 ところがこっそり結婚式をしていたことが、皇帝に見つかってしまい、269年2月14日にバレンタイン司教は処刑されてしまいました。
それから、バレンタイン司教のおかげで結婚できたカップルたちが、バレンタイン司教の命日に追悼と感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈り合うようになったのが起源になったという説。

Ⅱ.
古代ローマのルペルカリア祭が元になったもので、このお祭りは2月15日に行われる、豊穣と多産を祈るお祭りです。 このお祭りでは、お祭りの前日の2月14日に女の子の名前を書いたクジを壺に入れて、男の子がくじを引いて、当たった女の子をお祭りの間のパートナーにするという風習があったらしく、それが起源になったという説。


起源って色々な由縁があっておもしろいですよね^^
ちなみにⅠ.の聖バレンタイン司教の説の方がポピュラーだそうです。
この物語はとても素敵ですよね。まさかバレンタインデーが結婚に関することだなんて思ってもみませんでした!
そう、結婚は自由です。
士気が落ちる?
そんなことありません!!
新郎新婦ともに本当に愛している人と結婚式をすること、それを目標とすること、それを素晴らしき思い出とすること、それはきっと人生の糧になり人の強さになると思います。
うん、バレンタインさん万歳☆

2月14日バレンタインデーには、どんなお二人でもきっと結び付けてくれる聖バレンタイン司教の想いが味方してくれています☆心強いですね!
私どもセントラファエロ湘南チャペルのスタッフも、ただお二人にチャペルや披露宴会場をお使い頂くだけでなく、『自分達がいることで、お二人の結婚式をより素敵なものにできれば』という想いでお手伝いしています。

皆様の味方、皆様のバレンタイン司教に私たちがなりましょう^^
どうぞ安心してお任せ下さい☆



この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/78-e7552c60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。