スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012

こんにちは!

最近、映画の話題をブログに書き続けているYです(笑)

今回も、先日観た映画について・・・


そう、「2012」です!!

この映画・・・とにかく迫力満点でした!!

文字で表すならば・・・

「ズドーン!!バキーン!!!ゴゴゴゴォー・・・」

とでも言いましょうか・・・(笑)

映画館で観ることをオススメしたい映画でした☆


そして、映画を観て

本当に世界がなくなってしまうという時、誰と過ごしたいか

そして、救えるとしたら、誰を救いたいか・・・

そんなことを考えました。

この映画の中でも、途中で友人や知人のことは見捨てていく男の人がいました。

でも最後には、その男の人は、自分を犠牲にし自分の息子を助けました。

私は誰の為に自分を犠牲にできるのか、そんなことを想いました。

そして、私の頭の中に、結婚式のあるシーンが思い浮かびました。


挙式の際に、牧師がこう言います。

「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、
人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
愛は決して絶えることがありません。」


人間にとって、とても大切なことですよね。

きっと、どんな人だって、家族に対しての愛って、この言葉そのものですよね。

この映画の男の人も、大切な息子に対して、無償の愛があったのでしょう。


夫婦になる皆様、是非この言葉を大切にして

素敵な夫婦となり、素敵な家庭を築き上げて下さいね^^
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/787-990c8a50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。