スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日向に咲く

人気小説や人気マンガの映画化が多い最近・・・
劇団ひとりの小説『陰日向に咲く』も映画化しましたね。
皆様は小説を読まれましたか?
それとも映画をご覧になりましたでしょうか?

私は小説を、発売されてすぐに読みました。
これから読む(または観に行く)方もいらっしゃると思いますので、詳しくは書きませんが、
短編小説がいくつかあり、あるお話の中での主人公が別のお話の中では脇役として登場し、全てが繋がるような流れになっています。
それぞれの主人公にそれぞれの視点があり、とても楽しめました。

私は私の視点から私の人生を捉えていて、
もちろんその中では私自身が主人公なわけですが、

仲間からみた私やお客様からみた私、家族からみた私・・・
仲間が主人公の中での私、お客様の人生の中に登場した私・・・

みんな違うのだろうな~なんて、いろいろと思わされました。

結婚式当日は、よくそのことを思います。
ご結婚されるお二人、そのご両親やご親戚の皆様、ご友人の皆様・・・
それぞれがそれぞれの人生の中で同じ時間を共有していて、
それぞれの想いが集まっていることを感じるからです。

ご結婚されるお二人にはもちろん、関わった全員に幸せを感じていただき、
皆様それぞれの人生の中に素敵なひとときを刻んでいきたいと心より思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/79-e7458cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。