スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ尽くしの教会式

こんばんは!


今日は私たちの教会、セント・ラファエロ大聖堂で
とても素晴らしい結婚式がありました。


そのご結婚式についてお話したいと思います。


ご新郎様・ご新婦様がとてもジブリが好きなお客様だったので
教会式にジブリの要素を取り入れたのです。


まず入場のシーンなのですが、おふたりが手を繋いで
ご新郎様が片手でお子様をだっこしながらの入場でした。


お子様がとても可愛らしく、ゲストの方々も満面の笑顔を浮かべていました。
お子様にとっても一生の思い出となったと思います。


入場曲は、映画「魔女の宅急便」で使われていた「やさしさに包まれたなら」でした。


女性3名の聖歌隊の歌声が、
会場をやさしくそして暖かい雰囲気に包んでくれました。


そして指輪の交換の時には、「天空の城ラピュタ」で使われていた
「君をのせて」が流れました。


指輪の交換をするシーンにぴったり合った曲で、
教会内をより神聖なムードにしていましたよ。


退場曲には「千と千尋の神隠し」の音楽を使用していました。


おふたりを祝福するゲストの方々の大きな拍手と共に
退場されるおふたりの表情は、
とても幸せに満ちていました。


セント・ラファエロ大聖堂では、おふたりのご希望に合わせて
教会式での音楽を変更することが出来るようになっております。


ジブリだけでなく、ディズニーや映画などの音楽を使用するお客様もいらっしゃるんですよ。


皆様、どんな音楽の中教会式を挙げたいですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/952-a37a87d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。