スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の歌声

こんばんは!


本日は梅雨の季節を感じさせる、不安定なお天気になってしまいましたね。


皆様はどのようにお過ごしですが?


本日、セント・ラファエロ大聖堂では大掛かりな掃除を行いました。


普段は見落としがちな部分などを、隅々まで掃除をしたことにより、


見違えるように綺麗になりましたよ!


お客様の幸せや喜びを実現させる為に、


これからも一生懸命掃除をしていかなければならないと感じました。


私自身も、汚れやゴミなどに敏感になって、


気付いた時に進んで掃除を行っていきます。


今回はセント・ラファエロ大聖堂の聖歌隊についてお話したいと思います。


セント・ラファエロ大聖堂では、パイプオルガンが後ろに付いていて、
聖歌隊も後ろから歌います。


多くの式場ですと、祭壇の上にちょっとしたパイプオルガンがあって、


聖歌隊も前に立って歌う所が多いですが、


実は祭壇の上というのは、


牧師先生とご新郎様・ご新婦様の3人だけしか上がることのできない


神聖な場所と考えられていて、ヨーロッパでは、後ろにパイプオルガンや


聖歌隊がいるのがスタンダードとされているんですよ。


セント・ラファエロ大聖堂の聖歌隊は女性3名で歌うので、尚更繊細で、


教会式の雰囲気をより感動的な雰囲気にしてくれます。


聖歌隊のメンバーは、コンクールで入賞していたり、


オペラ出身者の方もいるので、


女性のゲストの方は、


聖歌隊の歌声を聞いただけで、


涙が流れてしまうくらい感動的なんですよ。


お客様のご希望に合わせて、


音楽を変えることも出来ます。


是非、一度セント・ラファエロ大聖堂の聖歌隊の歌声を聞きにいらして下さい。













この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://raphaelchapel.blog89.fc2.com/tb.php/966-b570f741
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。